ISO22000 食品安全マネジメントシステム

ISO9001 品質マネジメントシステム

 ISO22000は、食品の生産から消費までに係わるあらゆる組織を対象とし、消費者に安全な食品を提供することを目的に制定されたマネジメントシステムの国際規格です。毎日口にする食品には何より安全性が求められます。食品安全に対しては食品の製造・加工の過程で食品ハザードを防止するガイドラインであるHACCPがありましたが、ISO22000は、HACCP手法を組み込んだ上で、対象範囲を製造・加工だけでなく生産・梱包・添加物・運送などまで広げ、よりトータル的な視点で食の安全をマネジメントするシステムです。近年の食品安全の意識の高まり、グローバル化の進むサプライチェーンなどの背景のもと、益々ISO22000を活用したマネジメントが重要となっています。

JCQA審査の特徴

  1. 1.食品安全マネジメントを社内で展開するP-D-C-Aのしくみを確認します。
  2. 2.受審組織のビジネスモデルを理解して、特有のリスク及び機会の取り組みを評価します。
  3. 3.受審組織が気付いていないハザード、改善点を示唆します。

認証取得の効果

社内的なメリット

  • 食品安全に関して、組織的、体系的な取り組みが構築できる
  • ハザードを特定し、前提条件プログラムにて未然防止を図れる
  • 従業員の食品安全に対する意識向上が図れる

社外的なメリット

  • 社会に対して、食の安全に取り組んでいることを示すことができる

審査の目的

  • a) 受審組織のマネジメントシステム又はその一部の審査基準への適合の確認
  • b) 受審組織が該当する法令、規制及び契約上の要求事項を満たすことを確実にするためのマネジメントシステムの能力の確認
  • c) 受審組織が、自身で決めた目的を達成することが期待できることを実証するマネジメントシステムの有効性の確認
  • d) マネジメントシステムの成熟度に応じて、潜在的な改善の領域の特定
認証取得の流れ
  1. 審査見積り依頼
  2. 審査登録委託契約締結
  3. 第一段階審査
  4. 第二段階審査
  5. フォローアップ審査
  6. 判定
  7. 登録及び認証書の交付
  8. 維持審査
  9. 登録の更新