ISO コラム

環境法令解説コース

環境法令順守は、事業活動をする上において必須であり、ISO14001:2015規格においても、環境マネジメントシステムの意図した成果の一つとして“順守義務を満たすこと”を挙げています。また、同規格では、“順守義務を満たす組織の能力に影響を与える業務を組織の管理下で行う人(又は人々)が力量を備えていることを確実にする”ことを要求しています。組織で順守義務に係る業務に携わる人が順守義務に関する知識を備えていることが必要です。
「環境法令解説コース」は、主として企業の工場・事業場で順守義務に係る業務に携わっている人などが、効率的に順守義務に関する知識を得ることを支援するために開設していますが、このコラムではコースを受講されない人がコース内容を理解することができるよう、テキストをそのまま掲載しました。テキストをご覧になり興味を持たれた方には、是非実際のセミナーを受講されることをお勧めします。
環境法令は数多くありますが、現在のコースでは、(その1)として以下の8法令について解説しています。
1)大気汚染防止法
2)悪臭防止法
3)水質汚濁防止法
4)下水道法
5)浄化槽法
6)省エネ法
7)フロン排出抑制法
8)PRTR法
 テキストはこちら ⇒ https://www.jcqa.co.jp/pdf/kaisetsu1.pdf