ISO コラム

全てのコラム

食品安全はHACCPから・・・

今、食中毒の季節を迎えようとしています。また、食品偽装も世間を騒がせております。
食品安全の要求は、日増しに高まっており、食品の原材料・製造過程のみならず、食品包装材料や調理器具/
用品等の食品製造関連にまで求められる時代となりました。

しかしながら直接、食品を扱われているわけではない企業様には、食品安全を追求するマネジメントシステム
ISO22000(FSMS)やFSSCは、ちょっとハードルが高いと感じられているのではないでしょうか? そこで
お奨めするのは、HACCP(ハサップ)の仕組みの導入です。
 
HACCPは、日本でも令和3年(2021年)6月以降、原則としてすべての食品等事業者の方が取組みを義務化
された衛生管理の手法です。

HACCPは、国際政府間組織であるコーデックス食品規格委員会が制定したガイドラインに基づいて、貴社の
製造及び活動・サービスが、食品安全(衛生)を維持する手順を満たしているか確認していく仕組みです。

HACCPは、Hazard analysis and critical control pointの略であり、ハザード分析と必須管理点という意味に
なります。つまりは、食品安全上、健康への悪影響をもたらす恐れのある要因(ハザード)を分析し、管理する
ポイントを明確にして管理することを意味します。具体的には、金属片などの物理的ハザード、化学物質など
化学的ハザード、食中毒菌など生物的ハザードの観点で管理すべきポイントを抽出し、数値化や見える化を
実施して管理することになります。

品質マネジメントシステムとの併用により、顧客満足に加えて食品安全に関しても配慮していることを訴求でき、
相乗効果が期待できる取組みと考えます。

食品等事業者の方はもちろん、食品関連のサービスを展開している又は展開を検討されている事業者の方は、
JCQAへ一度ご相談ください。                                    以上

今大切な情報セキュリティ、皆様のレシピの保護は?

今、サイバーテロが世間を騒がせております。有名なのは北欧のアルミ工場、中東の石油化学プラントへのサイバー攻撃、
我が国でも最近、自動車会社、化学会社への複数回の攻撃など枚挙にいとまがありません。
情報通信の停止が業務を停止させるだけでなく、大切な情報やデータが紛失してしまう危険が増しています。
情報セキュリティの重要性は日増しに高まっており、特に近年、組織の重要な情報がサーバーやクラウドに保存されるため、
ハッキングされると重大なインシデントとなる確率が増えました。

こうした情報セキュリティインシデントや事故を未然に防止するために、情報セキュリティマネジメント(以下ISMSと称す)を
構築し、組織全体で情報セキュリティの目的・目標を定めてPDCAを回す全体最適の重要性が高まっています。
 
JCQAはISMSに加え、ISMSクラウドセキュリティ認証を推奨しています。特にクラウドサービスを提供している組織及び
クラウドサービスを利用している組織は、一度クラウドの契約情報であるSLA(Service Level Agreement)を確認することが
大変重要です。QMSやEMSの審査において、皆様の大切なレシピや技術資料などが簡単なセキュリティで保存される事例、
アクセス制御が甘い事例、セキュリティホールが見つかると大変不安を感じます。
 
JCQAのISMS審査員は、ISMS及びISMSクラウドセキュリティ認証において、貴社のセキュリティ状態の “健康診断” を行い、
改善点を提示しています。 

ISMS及びクラウドを利用した情報処理を実施している受審組織の皆様、何かご不明な点や不安に感じることがあれば、
JCQAへ一度ご相談ください。                                          以上

「リスク及び機会」について

「リスク及び機会」について

品質マネジメントシステムがISO9001:2015に、環境マネジメントシステムがISO14001:2015に改訂され、また、労働安全衛生マネジメントシステムがISO45001:2018として制定されました。いずれの規格においても箇条6にリスク及び機会に対する要求事項が求められています。

「P-D-C-A」について

「P-D-C-A」について

P-D-C-Aは計画(Plan)をし、実行(Do)し、実行の結果を検証(Check)し、見直し(Act)するという改善のためのツールです。P-D-C-Aには、戦略、戦術、運用の3つの視点があります。

内部監査の有効な進め方

内部監査の有効な進め方

内部監査はマネジメントが決めたことをみんなが守っているか、目的とする成果を上げているかをチェックする手段として規定されています。この内部監査を形式的な活動に終わらせてはなりません。

適合性とは

適合性とは

従来、製品の品質などの適合性が関心事でしたが、マネジメントシステムがISOで規格化されたのに伴ってマネジメントシステムの適合性も利用されるようになりました。気を付けておかねばならないのは、製品品質の基準適合性とマネジメントシステムの基準適合性はお互いに補い合う関係にあるが別の性格を持っており、両方相まって本来の意味を持つことです。

「ボトムアップからの発想転換」

「ボトムアップからの発想転換」

日本的経営では従来はボトムアップを重視し、改善を重視してきました。しかし、現在は市場の変化が激しいため、ゆとりのある試行錯誤の余裕を与えてくれません。新しい事業を行う際にはマネジメントを担当する人たちがお互いに連携して迅速に取り組んでいかなければビジネスの機会を逃がすことになります。